養毛剤ってそもそも何?

養毛剤とか育毛剤とか発毛促進剤などのさまざまな呼び方があるので、髪の毛が薄くなった方は気にかかるかもしれません。 養毛剤とは、どんな商品でしょうか?

実は、養毛剤とは医学的に定義のない曖昧な言い方なのです。 法的にも、規定や決まった成分が含まれているわけではありませんが、一般的に「髪の毛や頭皮の健康状態を高めるヘアケア商品」として認知されています。

成分的に頭皮・髪の成分の効能というのは、
男性型薄毛抑制、毛母細胞活性、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化
の10種類あります。
この10種類のうち、「抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解」などの「頭皮のコンディションを整える効能」を主に狙った商品が「養毛剤」です。

ヘアケア商品に含まれる成分とは、効能を伝えるためのメッセージでもあります。商品広告よりも配合成分を見ることが大事です。



養毛剤ってそもそも何?

頭皮のコンディションを整える効能であるので、養毛剤を使うのに向いているのは、
  初期の薄毛や脱毛予防したい人
  頭皮や髪の毛の老化が気になる人
  毛量はもともと多く、通常の育毛剤を使うと毛が多くなりすぎる人
が対象です。

逆に、薄毛がかなり進んでいる人、地肌が遠目で半分以上見えているような人は、養毛剤は向いていません。 こういう人は、発毛促進剤か効果の高い育毛剤、またはAGAクリニックで使う発毛剤が良いです。 女性の場合は、高齢にならないとそこまでの薄毛になる人は少ないようなので、髪の改善のために養毛剤を長く使っている人が多いようです。

値段的には、養毛剤<育毛剤<強い効果の育毛剤=発毛促進剤<発毛剤、という順で高くなっていきます。 これは、配合成分が右へいくほど発毛効果が強くなっていくからです。 つまり、副作用の可能性も、右へいくほど強くなっていくと考えてよいでしょう。

また、女性用のヘアケアの場合は、男性用と違って、頭皮のコンディションを整える効能成分がもともと多いのが特徴です。 女性用の育毛剤にも頭皮のコンディションを整える効能成分が多いことから、女性用の養毛剤とも成分構成的には似ていてその差はかなり曖昧です。

このサイトでは、養毛剤に含まれる成分の効能を全てチェックしているので、 それぞれの養毛剤がどのくらいの効能をカバーしているのがわかります。 今使っている養毛剤や育毛剤と効能を比べながら、成分評価を参考にしてみるとよいでしょう。




多くの女性用養毛剤を成分評価しています!(養毛剤ランキング女性編は別ページ)


女性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

メディエーラ養毛ローション

なし


タマリス ナノカプセル グロウ養毛料

なし


薬用ペロビエンS養毛剤

なし

当サイトでは、配合成分がどのくらい育毛効能をカバーしているかで成分評価しています。(上の比較表では、女性用養毛剤の全成分を効能で分類し、特徴成分も考慮して採点) 表の左列ボタンをクリックすると、成分鑑定ページに移動します。