トップページ >  女性用養毛剤の成分鑑定 >  タマリス ナノカプセルグロウ養毛料

タマリス ナノカプセル グロウ養毛料を成分で評価しました

タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の全成分

水、メチルジイソプロピルプロピオン酸アミド、乳酸メンチル、クオタニウム-51、センプリエキス、パンテノール、(アスコルピル/トコフェリル)リン酸K、メンタンカルボン酸エチルアミド、BG、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、(C20-40)バレス-10、ヒドロキシエチルベへナミドプロピルシモニウムクロチド、ラウリン酸ラウリル、コーンスターチ、加水分解コーンスターチ、オクテニルコハク酸加水分解コーンスターチ、合成ワックス、ポリクオタニウム-67、t-ブタノール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール


タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の成分を大解剖!

タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の成分を
「育毛効果のある成分」
「特に効果の高い成分」
に分類して、さらに特筆すべき成分をその働きごとに分けました。 タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の成分が何に使われているかがわかります。

育毛効果のある成分
クオタニウム-51
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 センプリエキス、乳酸メンチル、(アスコルピル/トコフェリル)リン酸K
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給 パンテノール
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する
保湿剤 頭皮の水分保持
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制 (アスコルピル/トコフェリル)リン酸K

特に効果の高い成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
- - なし -

タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の成分のポイント

総合点は低い

全体的には、効能から見て成分バランスは悪いです。

血行促進成分がやや多め

タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の育毛成分の構成を見ると、センプリエキス、乳酸メンチル、(アスコルピル/トコフェリル)リン酸Kなど血行促進成分がやや多めなのが特徴です。

刺激性の強い合成成分が多い

クロリド・合成界面活性剤・ポリマーなど肌に悪い成分が多く、あまりおすすめできません。


タマリス ナノカプセル グロウ養毛料は、「見送り」

育毛効果のある成分・・・(10点満点)
特に効果の高い成分・・・(3点満点)

総合評価・・・   (13点満点)




タマリス ナノカプセル グロウ養毛料の商品詳細

タマリス ナノカプセル グロウ養毛料は、髪本来の生命力を引き出す "ナノカプセルグロウ" 年齢と共に失われがちな髪のハリやコシを 『頭皮環境の整備』という視点から頭皮・毛髪の環境を整え、 健やかなうるおいある髪へと導きます。頭皮、毛髪の環境を整え、活性化を促し、健やかさとうるおいを与えます。 また、ふけ・かゆみを抑え、毛髪にハリ・コシを与えます。
育毛成分の構成を見ると、センプリエキス、乳酸メンチル、(アスコルピル/トコフェリル)リン酸Kなど血行促進成分がやや多めなのが特徴です。全体的には、効能から見て成分バランスは悪いです。また、タマリス ナノカプセル グロウ養毛料には特筆する成分も配合されていません。
総合すると、タマリス ナノカプセル グロウ養毛料は成分構成は悪いので、値段が普通でも、「見送り」の養毛剤といえます。内容的にはおすすめしない養毛剤です。ほかの養毛剤を選ぶほうが良いでしょう。
価格 9,504円 → 6,079円
内容量 40ml×2
特典 なし