トップページ >  > 女性用養毛剤の成分評価一覧

女性用養毛剤の成分評価一覧

女性用養毛剤を選ぶポイント
『頭皮と髪に栄養を届ける成分』(血管拡張、栄養補給)が多く入っている
『頭皮の環境を整える成分』(保湿、消炎、頭皮代謝、角質溶解)をカバー
『脱毛を予防する成分』(男性ホルモン抑制、抗脂漏、抗菌、抗酸化)有り

人気10種類の女性用養毛剤を、『男性ホルモン抑制』『血管拡張』『栄養補給』『抗脂漏』『保湿』『消炎』『頭皮代謝』『抗菌』『角質溶解』『抗酸化』『特徴成分』の11項目で評価しました!

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

花蘭咲(カランサ)

エビネエキス


薬用ペロビエンS養毛剤

なし


新薬用養毛剤 グレンツEX

なし


50の恵 養潤育毛剤

なし


薬用養毛剤 黒誕彩 エヴォリューション

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

メディエーラ養毛ローション

なし


薬用風池 養毛剤

なし


タマリス ナノカプセル グロウ養毛料

なし


ダリヤ 薬用養毛源

なし

スマホの場合、表が右(→)にスライドできます

比較表の見方

育毛成分の効能は、以下の10つの育毛効果に分けられます。
比較表では、含まれている成分がこの10の効果のうち、どれをカバーしているかをチェックしています。 女性用養毛剤を購入する前に、どんな効能があるのか成分みることで、その商品の価値がわかります。 をクリックすると、その女性用養毛剤の成分評価ページへ移動します。

男性ホルモン抑制成分
男性ホルモンが生成する脱毛ホルモンは薄毛や抜け毛の原因になるので、これを抑制する成分が、育毛の役に立ちます。

血管拡張成分
血管を拡張する成分は、抹消血管を拡張することで、血行・血流を促進するので、育毛効果をもたらします。

栄養補給成分
頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。

抗脂漏成分
抗脂漏成分とは、頭皮の皮脂を過剰に分泌しない成分のことで、頭皮環境を整えておくことが脱毛予防には効果的です。

保湿成分
頭皮の保湿は、頭皮の表皮に余分なフケ、頭皮の代謝を低下を防ぐので、脱毛予防には効果的です。

消炎成分
頭皮の肌荒れを防ぐことで、かゆみを予防することにもつながります。頭皮にいい消炎成分で、頭皮環境を整えることが育毛には大事です。

頭皮代謝活性化成分
頭皮の代謝を活性化する成分を、外部から与えることで、頭皮環境を改善し、脱毛予防、育毛促進につながります。

抗菌成分
頭皮には何千億も菌が活動しています。頭皮に抗菌成分を与えることで、これらの菌の増殖を抑えて、脱毛を予防します。

角質溶解成分
頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。頭皮を柔らかくすることは、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもよく、脱毛予防につながります。

抗酸化成分
お肌と同じように、頭皮にも皮脂分泌があるので、毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めます。毛穴の酸化や活性酸素を抑制するのが、抗酸化成分です。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「育毛効果」 +「特徴成分」

「育毛効果」の採点法
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化、の各効能)
= 1点
= 0点

「特徴成分」の採点法
(育毛剤に含まれる主力の特徴成分の育毛効果)
= 3点
= 2点
= 1点
= 0点